ブログ

家飲みワイン日記

2020/07/25

投稿者:社長

CENTER_0001_BURST20200724140032523_COVER.png

 7/24、スープカレーと家で茹でたとうもろこし入りの野菜サラダの夕飯。

 カレーといえばインドワインでしょ、で開けたのがこれ。インドはナシク市、スラ・ヴィンヤードのシュナン・ブラン2019

 (シュナン・ブラン種100)。お値段は1,300円程。もちろん初顔合わせなので期待を込め抜栓。

 インドのワイン?と思われる方も多いと思いますが、ナシクはムンバイの北東180キロ、海抜610Mの高地にありワイン

 作りに適した土地だそう。このシュナン・ブランはソムリエの世界大会のブラインドに使われたこともあるそうです。

 色は鮮やかなレモンイエロー、パイナップルの香りがある。初口甘味を感じるが、豊かな酸追いかけて来てなかなか

 バランスの良いおおらかなワイン。

 カレーには、スパイシーさを際立たせるためのしっかり目の赤ワイン、もしくは辛さを和らげるための甘口ワインが定番

 のようですが、私にとってはどちらもご飯との相性がいまいち。

 しかしこの少し甘みのあるワインはスパイシーなスープカレーの旨みとマッチし、ご飯も美味しく頂けました。具材の野菜や

 とうもろこしとも好相性でした。ごちそうさまでした。

 カレーに合うこのワイン、辛味のあるエスニック料理にも合うと思います。

 それでは今宵も良い晩酌を。

 

記事一覧に戻る