ブログ

家飲みワイン日記

2020/07/23

投稿者:社長

DSC_0073.png

 7/22、私の誕生日なので少し良いワインを開けたくて、鶏肉とマッシュルームのクリーム煮をリクエスト。

 ヴィシソワーズも飲みたいのでスーパー3件回ったのに見つからず、クラムチャウダー(かみさんはオニオンスープ)

 にすることに。ガーリックフランスとサービスで貰ったウインナーエピを添えて。

 で開けたのがこれ。フランスはブルゴーニュ地方ヴェズレー村、モンタネ・トダンさんのヴェズレー・ブラン・ガレルヌ

 2018(シャルドネ種100%)。お値段は3,400円程。

 このヴェズレー村はシャブリの少し南で、ブルゴーニュとしては北の方に位置し昨年単独の村名AOCを獲得したそう。

 小さい村らしくネットで調べても3人の生産者しか見当たらず私にとって初顔合わせの村名ワイン。

 色は透明感のある薄いレモンイエロー、爽やかな柑橘系の香り。豊かな酸を持っているがきりっとした感じではない。

 仄かな甘みがあり後口にミネラル感が残る肌理の細かいワイン。凡百のAOCブルゴーニュとは明らかに一線を画す

 出来。フランスワイン高騰の折この価格もやむなしか。久しぶりの第一外国語。やっぱり良いですねー。

 生クリームの香り高いソースとの相性はバッチリ、車の中が匂うほどのガーリックフランスも美味しく頂けました。ごちそうさまでした。

 最後は、私が夕張メロンのタルト、かみさんは桃を丸ごと一個を乗せたタルトで締めくくりました。美味しかったです。

 それでは今宵も良い晩酌を。

 

記事一覧に戻る