店舗情報

店舗ブログ一覧

'18謹賀新年      No.1782

  • 原町日の出町店

最終更新日: 2018/01/03





明けましておめでとうございます。



 

 

 

 

 

 

平成30年の年が明けました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様にとって輝かしい一年になりますことを心からお祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社は、昨日(2日)から初売りお客様感謝祭をスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日は、なんと350名ものお客様にご来店頂き大盛況でした。

 

 

 

 

 20180102_084343.jpg 

 

 

 

 

準備した福袋は、開店1時間足らずで完売

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10時過ぎにご来場いただいたお客様は

 

 

 

 

 

 

 

 

一応にがっかりして帰られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正月三が日の今日までが前半のピークになることを想定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8日の成人の日まで7日間のロングランですから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社員の皆さんにも負担を掛けますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年頭のお客様感謝祭ですから頑張って頂きます。

 

 

 

 

 

 20180102_091843.jpg

 

 

 

 

年末から久し振りに風邪をひいてしまい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未だ二週間になろうとしていますが抜けません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の風邪はシツコイ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんも気をつけて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、当社では例年1月下旬に全社員大会を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2月が決算月なので今期の見通しと来期の政策を全社員さんに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発進する大会です。

 

 

 

 

 

 20180102_090633.jpg 

 

 

 

私を始め店長、工場長、担当部署責任者など部門別に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

政策を発表し実践する為の大切な大会です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本田技研を始め、お取引をしている銀行、部品、板金、労務士さん・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんにもご参加を戴いて当社の方向性を確認してもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、後半にはゲストにお越しを頂き「講演会」を企画しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の講師は、大久保正剛様

 

 

 

 

 

 20180102_100712.jpg 

 

 

 

 

勉強熱心な皆さんでしたらご存知でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実兄が寛司(かんじ)さんで著名なコンサルタントとして

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上場企業のサポートやたくさんの著書も出版されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのお兄さんの仕事に協調した会社を運営されているのが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大久保正剛氏です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーマは、「やる気」が出て「行動」が変わるセミナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のセミナーを皮切りに3年計画で大きな目標にチャレンジします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、社員の皆さん一人ひとりの質と能力向上を目的

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2年間シリーズでセミナーを継続して行くロードマップを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

策定中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を通じて人間的成長を遂げる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが私が一貫して持ち続ける信念です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                     今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp

上記の内容は、2018/01/03当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

'17年有難うございました   No.1781

  • 原町日の出町店

最終更新日: 2017/12/28


おはようございます。


 

 

 

 

 

 

2017年もいよいよ今日が御用納め

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当社も今日で今年の営業が終了します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一年間拙い「つぶやきをお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この一年を振返ると世の中は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隣国の打上げ花火に世界中が振り回された年でした。

 

 

 

 

 ミサイル.jpg

 

 

 

 

彼には、彼なりの目的があるのでしょうが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

身勝手で方向性の間違っている考え方に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マインドコントロールされる国民が不幸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正しい恩という素晴らしい名前を持つ人なんですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読売新聞社が行った読者が選んだ10大ニュースをお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【10位】稀勢の里が第72代横綱に

 

 

 

 

19年振りの日本人横綱誕生には日本中が沸きました。

 

 

 

 

 

綱を掛けた大一番が凄かった。

 

 

 

 


きせの里.jpg

 

 

 

 

 

【9位】「森友」「加計」問題などで内閣支持率急落

 

 

 

 

 

これの真相はどうなんでしょう・・・

 

 

 

 

 

いつの間にか、うやむやにされていくんでしょうか?

 

 

 

 

 

「籠池砲」なんて言葉も流行語になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【8位】上野動物園でパンダ誕生

 

 

 

 

 

6月12日のメスの赤ちゃんが久し振りに誕生しました。

 

 

 

 

生まれた当初は、なんて不細工(ブチャイク)と思って観ていましたが

 

 

 パンダだらけ.jpg

 

パンダらしい姿になるにつれ、なんて可愛いんだろう。

 

 

 

 

 

皆さん思いましたよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【7位】神奈川・座間のアパートで切断9遺体

 

 

 

 

猟奇的なホラー映画を目の当たりにするような凄惨な事件でした。

 

 

 

 

もう二度とこんな事件が起きないことを心から願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【6位】陸上100メートル 桐生、日本人初の9秒台

 

 

 

 

ここ数年、何時出てもおかしくない日本のアスリートたちでしたが、

 

 

 

 

やはり「日本人初」は、記録と記憶に残りますね。

 

 

 

 桐生.jpg

 

 

 

 

 

 

【5位】衆院選で自民圧勝。立憲民主が野党第1党に

 

 

 

 

自民圧勝と、言うより、野党自滅。

 

 

 

 

いや、自爆ですか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【4位】眞子さま婚約内定

 

 

 

 

お互いを太陽と月になぞらえて、信頼する様は、

 

 

 

 

まさに、125代に渡って引き継ぐ皇族を象徴していますね。

 

 

 

 

 眞子様.png

 

 

 

 

【3位】横綱日馬富士が暴行問題で引退

 

 

 

 

未だ、解決しない角界の問題です。

 

 

 

 

私の個人的な見解ですが、日本人が想う相撲道の「品格」

 

 

 

 

外国人の力士にとって微妙なズレがあると感じます。

 

 

 

 

端的に言えば、貴乃花親方が思う理想像は、正論で正しいと思います。

 

 

 

 

ただ、対応には賛成できません。

 

 

 

 

日本の伝統文化を最善の方策で改善して欲しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2位】天皇退位特例法が成立。19年4月末退位、5月改元へ

 

 

 

 

驚きとともに今上天皇の決意に表現できない神々しさを憶えます。

 

 

 

 

私たちの常識をはるかに超えたところに在るお気持ち・・・

 

 

 

 

日の本の国を見守り続ける神ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【1位】14歳棋士、藤井四段が29連勝の新記録

 

 

 

 

この話題がNo.1

 

 

 

 

正直、「この話題が記憶に残る出来事No.1」と思いました。

 

 

 

 

確かに14歳の少年が将棋界の歴史を次々と塗り替え、

 

 

 

 

一大ブームをつくりました。

 

 

 

 

将棋界の現役レジェンド羽生棋士は、史上初の「永世七冠」に輝き、

 

 

 

 

新たな歴史を創っています。

 

 

 

 

藤井棋士の活躍が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‘17の10大ニュースをお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も一年間有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

良いお年をお迎え下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                       今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp

上記の内容は、2017/12/28当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

Xmasプレゼント    No.1780

  • 原町日の出町店

最終更新日: 2017/12/25






おはようございます。


 

 

 

 

 

 

 

昨日はクリスマスイヴでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どんなイヴの夜を過ごしましたか?

 

 

 

 419579_161483180633357_106954462752896_232313_96886414_n.jpg

 

 

 

 

 

独身時代から子どもが小さい頃には特別な日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かワクワク感があって気持ちもそわそわ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今では年中行事の一つ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢がないですかね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ、今年もあと一週間となりましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたにとって2017年は、どんな一年でした?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年クリスマスの日に紹介する文章があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても感動的な内容です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログセミナー参加の皆さんへクリスマスプレゼント!

 

 

 

 

 

 プレゼント♥.jpg

 

 

 

 

その先生が五年生の担任になった時、一人、服装が不潔でだらしなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしても好きになれない少年がいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時、少年の一年生からの記録が目に止まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朗らかで、友達が好きで、人にも親切。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勉強もよくでき、将来が楽しみとある。

    

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いだ。他の子の記録に違いない。先生はそう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二年生になると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「母親が病気で世話をしなければならず時々遅刻する」と書かれていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三年生では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「母親の病気が悪くなり疲れていて、教室で居眠りする」

 

 

 

 

 どうしたぁ?.jpg

 

 

 

 

三年生の後半の記録には

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいるとあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四年生になると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供にも暴力をふるう」

  

 

 

 

 

 

 

 

 

先生の胸に激しい痛みが走った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダメと決めつけていた子が突然、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

深い悲しみを生き抜いている生身の人間として自分の前に立ち現れてきたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 先生にとって目を開かれた瞬間であった。

 

 

 

 

 64164_311872978874503_229490773779391_801633_233769432_n.jpg

 

 

 

 

放課後、先生は少年に声をかけた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分らないところは教えてあげるから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 少年は初めて笑顔を見せた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

授業で少年が初めて手をあげた時、先生に大きな喜びがわき起こった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年は自信を持ち始めていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスの午後だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少年が小さな包みを先生の胸に押しつけてきた。

 

 

 

 

 ハートの石.jpg

 

 

 

 

あとで開けてみると、香水の瓶だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生はその一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気がつくと飛んできて、先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ、お母さんの匂いきょうはすてきなクリスマスだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六年生では先生は少年の担任ではなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生は僕のお母さんのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして、いままで出会った中で一番すばらしい先生でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   そして六年。またカードが届いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「明日は高校の卒業式です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   僕は五年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

十年を経て、またカードがきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこには先生と出会えたことへの感謝と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

父親に叩かれた体験があるから患者の痛みが分る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医者になれると記され、こう締めくくられていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はよく五年生の時の先生を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あのままだめになってしまう僕を救ってくださった先生を、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神様のように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人になり、医者になった僕にとって

 

 

 

 

 

 

 

 

最高の先生は、五年生の時に担任してくださった先生です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして一年。 届いたカードは結婚式の招待状だった。

 

 

 

 

 

 315801_170450999708823_100002317723121_386468_1753352295_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

母の席に座ってください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一行、書き添えられていた。

 

 








HAPPY Xmas !













                                            今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp





上記の内容は、2017/12/25当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

慎む         No.1779

  • 原町日の出町店

最終更新日: 2017/12/23





おはようございます。



 

 

 

 

 

 

佐藤一斎の「言四志録」を紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も一斎の言葉から、あるエピソードを紹介します。

 

 

 

 

 佐藤いっさい.jpg 

 

 

古人の善悪の品定めはしてよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、今生きている人の善悪をむやみに論議するのはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人から恨を買う原因の多くは、むやみに人を論議するところから起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気をつけなくてはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今人の批評は慎むべきは、200年前でも今日でも変わらないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は、基本的に変わらないものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカの大統領、北朝鮮の指導者に是非とも伝えたいですね。

 

 

 

 

 その通り.jpg 

 

 

 

 

その人のスケールの大きさは、人に批評されても気にしない人で、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人を批評しない人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここを目指さないといけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある商売を営む番頭さんの話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同業他社から悪口を言われている話が耳に入った番頭さんは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

血相を変えて「文句を言いに行く」と社長に言います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社長はよしなさい、その人を相手にしていたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたもその人と同じレベルだということですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

人の悪口を言う人のレベルを考えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこと気にするより会社のことを気にするのがあなたの仕事でしょう。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言われて「分かりました、でも腹が立つなぁ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこといちいち気にするより、社員のこと、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様のことを考えて下さい。」と諭したのでした。

 

 

 

 

 387806_209546439121729_100001991243054_505239_1327583890_n.jpg 

 

 

 

 

この社長の前職は総合商社勤務で海外での仕事の経験もしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海外での仕事のスケールは、何事も桁違いだとおっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他人を批判するような視野の狭いことに一喜一憂しなさんな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おおらかに、懐を深く、冷静沈着に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に大切なことに、しっかりと焦点を合わせなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またひとつ学ぶことができました。

 










                                     今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp

上記の内容は、2017/12/23当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

言志四録       No.1778

  • 原町日の出町店

最終更新日: 2017/12/22







おはようございます。


 

 

 

 

 

 

皆さんは佐藤一斉」(1772~1859)をご存知でしょうか?

 

 

 

 

 佐藤いっさい.jpg

 

 

 

 

 

江戸時代の後半から幕末にかけて活躍した儒学者です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤一斎が後半生の四十余年にわたり記した随想録

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「言志四録」をまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

指導者のための指針の書とされ、西郷隆盛の終生の愛読書だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言志四録とは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『言志録』、『言志後録』、『言志晩録』、『言志耋(てつ)録』の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4書の総称。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2001年(平成13年)5月に総理大臣に就いて間もない小泉純一郎氏が、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衆議院での「教育関連法案」審議中に、言志四録の一節を引用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

少くして学べば、則ち壮にして為すことあり

 

 

 

 

 

 

 

壮にして学べば、則ち老いて衰えず

 

 

 

 

 

 

 

老いて学べば、則ち死して朽ちず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これによって、知名度が上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一斉が指導者に対して遺した心得を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 《重職心得十七箇条》

 

 

 

第一条   重職は、それにふさわしい威厳が必要である

 

 

 

第二条   重職は、自分の好みでない部下をこそ尊重して使え

 

 

 

第三条   重職は、時に応じて、改めるべきことを改めよ

 

 

 

第四条   重職は、前例や規則にとらわれてはいけない

 

 

 

第五条   重職は、チャンスを逃がしてはならない

 

 

 

第六条   重職は、渦中にのみこまれてはならない

 

 

 

第七条   重職は、無理強いや押しつけをしてはならない

 

 

 

第八条   重職は、忙しいと言ってはならない

 

 

 

第九条   重職は、託された重大な権限は自ずから執行せよ

 

 

 

第十条   重職は、目先の事にとらわれてはいけない

 

 

 

第十一条 重職は、広く大きな心を持て

 

 

 

第十二条 重職は、他人の意見にも謙虚に耳を傾けよ

 

 

 

第十三条 重職は、部下同士の調和に心を配れ

 

 

 

第十四条 重職は、仕事に手をかけすぎてはいけない

 

 

 

第十五条 重職は、裏表があってはいけない

 

 

 

第十六条 重職は、公開すべき情報は公開せよ

 

 

 

第十七条 重職は、部下の気持ちを明るく保たなければならない














およそ200年前に遺された「管理職の心得」













今でも色褪せることのない心構えです。








 

 

 

                       今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp


上記の内容は、2017/12/22当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。