店舗情報

店舗ブログ一覧

違和感        No.1850

  • 原町日の出町店

最終更新日: 2018/06/01







おはようございます。


 

 

 

 

今日から6月のスタートです。

 

 

 

 

 

早いもので、'18前半締めの月ですね。

 

 

 

 

 

常日頃、思っていますが、あの時、やっておけば良かった・・・

 

 

 

 

 

こんな後悔をしない行動をしたいものです。

 

 

 

 

 

昨日、午後サッカーワールドカップロシア大会の

 

 

 

 

 

最終メンバー23人が発表されました。

 

 

 

 

 

皆さんの感想は如何でしょう?

 

 

 

 

 

私は、可もなく不可もない最大公約数的な選出と感じました。

 

 

 

 

 

候補になっていた選手の若い順番に代表を外れました。

 

 

 

 

 

次の日本を考えた時、彼らに活躍の場を与え本番で使ったら・・・

 

 

 

 

 

ハリル・ホジッチ前監督の突然の更迭から

 

 

 

 

 

代表候補選手の選出、ガーナ戦の完敗

 

 

 

 

 

昨日の代表選手決定まで、ちょっと違和感を感じます。

 

 

 ?.jpg 

 

違和感を感じるといえば、

 

 

 

 

 

今日6月1日から施行される法律をご存知でしょうか?

 

 

 

 

 

それは、「司法取引

 

 

 

 

 

アメリカの事件ニュース報道で「司法取引」という言葉が、よく出てきます。

 

 

 

 

 

事件に関わった人が捜査に協力や情報を伝えることで

 

 

 

 

 

解決に至れば、自身の罪を軽くしてもらえる。

 

 

 

 

 

こんな法律です。

 

 

 404951_235260483231966_100002440493858_524354_453022454_n.jpg 

 

なんとも違和感を覚えるのは私だけでしょうか?

 

 

 

 

 

日本人の気質や美徳、大和魂・・・

 

 

 

 

 

合わないと感じます。

 

 

 

 

 

あくまでも、私個人の考えでストレートに表現しますが

 

 

 

 

 

卑怯者という言葉が頭の中をよぎります。

 

 

 

 

 

事件解決のスピードを速めるのと、真相究明が図られるということでしょうね。

 

 

 

 

 

この法律の施行で、これからどんな事件の解決至るのか注目したいです。

 

 

 

 

 

歴史にタラ・レバは、ありませんが、

 

 

 

 

 

日本で武家社会が続いていたとすれば、

 

 

 

 

 

この法律はないでしょう。

 

 

 

 

                            今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp

上記の内容は、2018/06/01当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

苦難が活路       No.1849

  • 原町日の出町店

最終更新日: 2018/05/31







おはようございます。



 

 

 

 

お久し振りのブログセミナー更新です。

 

 

 

 

 

出張、やるべきことが満載で優先順位を考えブログセミナーが飛び飛びでした。

 

 

 

 

 

ようやく一段落です。

 

 

 552885_199779886803686_106954462752896_332131_1586340233_n.jpg 

 

先週火曜日(22日)に倫理法人会主催の講演会を開催しました。

 

 

 

 

 

私が会長を務めていますから主催者側です。

 

 

 

 

 

年に一回この時期に開催をしていますが

 

 

 

 

 

今年は、講演に先立って当社選抜メンバーによる

 

 

 

 

 

活力朝礼の実演を行いました。

 

 

 20180522_181023[1].jpg

 

 

昨年7月に福島県大会で優勝をさせて戴いた流れで

 

 

 

 

 

朝礼を実演して欲しいという要望にお応えしたものです。

 

 

 

 

 

7人のメンバーのうち3人を入替え

 

 

 

 

 

当初は、どうなるかと心配をしていましたが

 

 

 

 

 

本番では、練習よりも良い出来で実演できました。

 

 

 20180522_181209[1].jpg

 

 

来場者の方々に素晴らしいと褒めて戴き、出場した社員さんに感謝です。

 

 

 

 

 

講演者は、埼玉県久喜市から起こし戴きました。

 

 

 

 

 

毎回ご講話を頂く中身は、大苦難からのスタート。

 

 

 

 

 

倫理の学びで復活を遂げた。

 

 

 

 

 

NHKの番組プロフェショナルを地で行く方々です。

 

 

 

 

 

まあ、今まで順風満帆で何の苦労もなく大成功を収めています。

 

 

 

 

 

こんな話は、聴いていてもぜんぜん面白くありません。

 

 

 

 

 

むしろ、自慢話にしか聴こえません。

 

 

 

 

 

どんな成功者でも必ず挫折と血の滲むような苦労をしているものです。

 

 

 20180522_182258[1].jpg

 

 

今回も苦難は幸福の門をキーワードに苦難の中に活路があって、

 

 

 

 

自分で蒔いた種からできた果実は、

 

 

 

 

 

苦くても甘くても自分で刈取りをしなくてはならず、

 

 

 

 

 

どちらも大切な学びで、苦難は利であり、福である。

 

 

 

 

 

簡潔にまとめると、こんな具合です。

 

 

 

 

 

倫理の学びは、勇気を与えられます。

 

 

 

 

 

自分自身が脳ミソに汗をかくくらい眉間にしわを寄せて、

 

 

 

 

 

何かに一所懸命になるのではなく、

 

 

 

 

 

頭から心にスーッと入ってくるものです。

 

 

 

 

 

世の中の原理原則に反すると苦難が訪れ、

 

 

 

 

 

それに気付き修正する心構えを身に付けることができます。

 









                                   今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp

上記の内容は、2018/05/31当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

向き不向き       No.1848

  • 原町日の出町店

最終更新日: 2018/05/27





おはようございます。


 

 

 




向き不向きより、ヤル気ですよね。

 

 

 

 

 

壁と言うのは できる人にしかやってこない !
 

 

 

 

 

超えられる可能性がある人にしかやってこない。
 

 

 

 

 

だから、壁がある時は、チャンス!

 

 

 

 

 

いくつになっても向上心のある人は素直な心を持っています。

 

 

 

 

 

仕事に慣れて状況と中身が解ってくると

 

 

 

 

 

大抵の人は、緊張感が薄れ日々の繰返しで変化を求めません。

 

 

 

 

 

すると、自身の能力や実力を脇において置いて

 

 

 

 

 

粗探しをし始めます。

 

 

 

 

 

もう、ここで成長はストップです。残念ながら。

 

 

 __.JPG 

 

一方で、常に緊張感を持ち向上心があって、

 

 

 

 

 

解らないことを、あやふやにせず、自身に取り込み

 

 

 

 

 

改善できないか、いつも考えている人もいます。

 

 

 

 

 

こんな会社の宝のような人は、せいぜい1割

 

 

 

 

 

2割もいたら優良企業です。

 

 

 

 

 

こんな考え方をしています。

 

 

 

 

 

■    今すぐにでも、自分の人生をどうにかしたい!と考えている

 

 

 

 

 

■    3つの気を身に付けている(3つの気=やる気、元気、勇気)

 

 

 

 

 

■    やりたいことを実現しようとしている

 

 

 

 

 

 

 

■    成功本を読むより、ひとつずつ実践を重ねていく

 

 

 

 

 

■    物事が上手くいくよう準備をする

 

 

 

 

 

■    いつかではなく、直ぐ始める

 

 

 

 

 

 

■    成功とは他人を超えることではなく、自分自身を超えることだと思っている

 

 

 64164_311872978874503_229490773779391_801633_233769432_n.jpg 

 

人の能力には、差はありません。

 

 

 

 

 

自分自身を動かすエンジンの馬力(意欲)の違いだけです。

 







                                        今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp


上記の内容は、2018/05/27当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

我師          No.1847

  • 原町日の出町店

最終更新日: 2018/05/21









おはようございます。



 

 

 

 

GWが明けたと思ったら、5月も下旬に突入

 

 

 

 

 

時が経つのは早く、待ったなしで時間は過ぎて行きます。

 

 

 

 

 

時間に追いかけられるのではなく、

 

 

 

 

 

時間を追いかける準備をして事に臨みたいですね。

 

 

 319170_107379589377050_106954462752896_43213_1758245951_n.jpg 

 

今日は、人は鏡、万象はわが師 【万象我師】をお伝えします。

 

 

 

 

 

人は人、自分は自分だと考えるところに不幸が生じます。

 

 

 

 

 

人はみな見えない次元で繋がっていて、

 

 

 

 

 

他人は自分の心や振る舞いを反映する鏡

 

 

 

 

つまり、イカツイ顔をして相手と話をすれば、

 

 

 

 

 

相手も敵意を持つような表情で話をするし、

 

 

 

 

 

愛語に満ちた表情で接すれば、

 

 

 

 

 

相手も好意を持って返してくれます。

 

 

 314535_107021072746235_106954462752896_41055_856897853_n.jpg

 

 

人を変えようとする前にまず自分を変えよう。

 

 

 

 

 

身の回りに起きてくることは、自分を教え導く師匠でもあります。

 

 

 

 

 

心を空(から)にしてその教えを聴き、

 

 

 

 

 

心のゆがみや偏りを正したとき、

 

 

 

 

 

周囲もおのずと変わってくるものです。

 

 

 

 

 

太上(たいじょう)は天を師とし、其次は人を師とし、

 

 

 

 

 

其次は経を師とす。」

 

 

 

 

 

太上(たいじょう)天を師とし、

 

 

 

 

 

最も優れた人は、天(自然)を師匠としている。

 

 

 

 

 

其次は人を師とし、

 

 

 

 

 

その次に人(先人)を手本にする。

 

 

 

 

 

其次は経を師とす。

 

 

 

 

 

その次は経(書物)に学ぶ。

 

 

 

 

 

自分以外のすべて(万象)が「師匠」だということです。

 

 

 

 

素直に受け入れる心を持ちたいですね。

 










                                      今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp

上記の内容は、2018/05/21当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

商源

  • 原町日の出町店

最終更新日: 2018/05/19





おはようございます。


 

 

 

 

昨日、「社長の教祖」「炎のコンサルタントとの異名を持つ

 

 

 

 

 

一倉 定(いちくら  さだむ)氏の言葉を紹介しました。

 

 

 

 

今日は、氏の格言集をお届けします。

 

 

 

 

 

心に染み入ります。

 

 

 

 

 

保存版です。

 

 

 381580_198514110235845_100002317723121_466346_338911438_n.jpg 

 

  • 経営とは「外部」に対応するものであって、断じて企業の「内部」に対応するものではないのだ。(社長の条件)

 

 

 

  • 事業経営の成否は、99%社長で決まる

 

 

 

  • 「いい会社とか悪い会社とかはない。あるのは、いい社長と悪い社長である。」

 

 

 

  • 電信柱が高いのも、郵便ポストが赤いのも社長の責任である。

 

 

          「社長が知らないうちに起ったこと」でもすべて社長の責任なのだ. 

 

 316099_170656893021567_100002317723121_386997_1501314896_n.jpg          
            『優れた社長は、「うちの社員はよくやってくれる」 と人に語り、

 

 

            能力のない社長ほど社員の無能ぶりを他人にこぼす。

 

 

 

  • 事業経営にきれい事は危険である。

 

 

 

  • 事業は学問でもなければ理論でもない。

 

 

            事業の存続を実現する戦いなのである

 

 

 

  • ボロ会社ほどスローガンが多い

 

 

 

  • お客様が買うのは商品ではない。商品の持つはたらきである

 

 

 

  • 数字は読むもの、計算はさせるもの

 

 

 

  • 会社の赤字は、お客様を忘れたのが原因である

 

 

 

  • 目標不達成の原因究明よりも、どうすれば達成できるかを考えよ

 

 

 

 

 

私の為の教えのように聴こえます。

 

 

 

 

 

正しい考え方で肝に命じ、愚直に歩んでいこう。

 

 

 

 

 

改めて。








                                         今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp


上記の内容は、2018/05/19当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。