店舗情報

原町日の出町店 店舗ブログ

e6cde27a63c8ec7b009a192edbdd667b

基本情報

住所
〒975-0038 福島県南相馬市原町区日の出町95
電話
0244-22-5875
FAX
0244-22-5871
営業時間
9:00~19:00
休店日
毎週火曜日

大人への気付き    No.1781 NEW!!

最終更新日: 2018/01/19



おはようございます。










ここ数日、春のような穏やかな日が続いています。










しかし、週が明けると、また寒気が入り込み大雪の予報です。









影響がないといいけど・・・



384766_192299334189890_100002294730777_424319_1258458705_n.jpg






今日は、日本語大賞を受賞した小学4年生の作文を紹介します。











【ぼくがいるよ】


 

 

 

 

 

 

 

お母さんが帰ってくる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一ヶ月近く入院生活を送っていたお母さんが戻ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんが退院する日、ぼくは友だちと遊ぶ約束もせず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寄り道もしないでいちもくさんに帰宅した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに会うお母さんとたくさん話がしたかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話したいことはたくさんあるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰宅すると、台所から香ばしいにおいがしてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくの大好きなホットケーキのはちみつがけだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

台所にはお母さんが立っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しやせたようだけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思っていたよりも元気そうでぼくはとりあえず安心した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おかえり」いつものお母さんの声がその日だけは特別に聞こえた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、はちみつがたっぷりかかったホットケーキがとてもおいしかった。

 

 

 

 

 

 ホットケーキ.bmp

 

 

 

 

 

お母さんが入院する前と同じ日常がぼくの家庭にもどってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんの様子が以前とちがうことに気が付いたのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから数日経ってからのことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みそ汁の味が急にこくなったり、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうではなかったりしたのでぼくは何気なく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんだか最近、みそ汁の味がヘン。」と言ってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、お母さんはとても困った顔をした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「実はね、手術をしてから味と匂いが全くないの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、料理の味付けがてきとうになっちゃって・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんは深いため息をついた。

 

 

 

 

 426483_194866033950716_100002819631118_285694_257284370_n.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

そう言われてみると最近のお母さんはあまり食事をしなくなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作るおかずも特別な味付けが必要ないものばかりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しだいにお母さんの手作りの料理が姿を消していった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわりに近くのスーパーのお惣菜が食卓に並ぶようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな状況を見てぼくは一つの提案を思いついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくは料理が出来ないけれどお母さんの味は覚えている。

 

 

 

 

 

 

 ごはん.jpg

 

 

 

 

 

 

だから、料理はお母さんがして味付けはぼくがする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

共同で料理を作ることを思いついた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ぼくが味付けをするから、一緒に料理を作ろうよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくからの提案にお母さんは少しおどろいていたけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに賛成してくれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「では、ぶりの照り焼きに挑戦してみようか」お母さんが言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぶりの照り焼きは家族の好物だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライパンで皮がパリッとするまでぶりを焼く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、レシピ通りに作ったタレを混ぜる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そこまではお母さんの仕事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タレを煮詰めて家族が好きな味に仕上げるのがぼくの仕事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だいぶ照りが出てきたところでタレの味を確かめる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「いつもの味だ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくがそう言うと久しぶりにお母さんに笑顔が戻った。

 

 

 

 

 

 

 ぶりの照り焼き.jpg

 

 

 

 

 

 

その日からお母さんとぼくの共同作業が始まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お父さんも時々加わった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくは朝、一時間早起きをして一緒に食事を作るようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんは家族をあまり頼りにしないで一人でなんでもやってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもね、お母さん、ぼくがいるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくはお母さんが思っているよりもずっとしっかりしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、ぼくにもっと頼ってもいいよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくがいるよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか、お母さんの病気が治ることを祈りながら心の中でそうくり返した。















                         今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp





上記の内容は、2018/01/19当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

誇り         No.1790 NEW!!

最終更新日: 2018/01/19




おはようございます。



 

 

 

 

 

 

皆さんは、盛田昭夫さんをご存じですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。井深 大(いぶか まさる)さんと共にSONYを創業した方です。

 

 

 

 

 SONYロゴ.jpg 

 

 

 

Hondaの創業者「本田 宗一郎は、井深さんを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「井深の兄貴」と慕っていたのは、有名な話・・・。

 

 

 

 

 

 296866_112792548823147_100002772074335_56637_3426507_n.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「50年前には、あなたの会社のブランドも、

 

 

 

 

 

 

 

いまのソニーと同様、誰ひとり知らなかったに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

我々は将来のために、いまや50年の第一歩を踏み出すのだ。

 

 

 

 

 

 

 

50年後にはソニーもあなたの会社同様、必ず有名にしてみせる。」

 

 

 

                                    

 

 

 

 

 トランジスタ.png 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『50年後には有名なブランドになってみせる』

 

 

 

 

 

 

 

 

これぞ世界のソニーの原点の一つを示すエピソードです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時、アメリカの有名な時計メーカーから、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソニーのラジオをその時計メーカー名で販売させてくれるなら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10万台発注すると言われ断ったときの言葉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、私たちが同じ立場で交渉に臨んでいたとしたならば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは断ることができますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正直、私は断る勇気はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に「10万台の受注を戴いた!」と、大喜びしていたかも・・・

 

 

 

 

 

 

 312306_156072097813380_100002317723121_334602_1323575450_n.jpg 

 

 

 

よほどの自信や確信があったのならばいざ知らず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盛田さんがこの言葉を発したときにはプライドや見栄で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように言ったんじゃなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自社を信頼する誇り信念が強かったんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

それは執念だったかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、無謀な賭けがサクセスストーリーになっていくには、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必ずそうなるという確信よりも「」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誇り信念や執念の存在の方が大事なんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それまでに実例は、ないですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人マネをせず、新しいことに一歩を踏み出し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新たな市場を切り拓いてきた企業戦士に学びたいですね。

 

 

 

 

 

                         今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp

上記の内容は、2018/01/18当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

俯瞰         No.1789 NEW!!

最終更新日: 2018/01/15





おはようございます。



 

 

 

 

 

 

今朝の南相馬は氷点下5℃

 

 

 

 

 

 20180115_063012[1].jpg 

 

 

今年の冬は、冷え込みが厳しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風邪で体調を崩す人たちも多いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偉そうにしている私も年末年始にかけて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約2週間風邪を惹いて治りませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

この冬の風邪は、とってもシツコイのでご注意!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、今日は俯瞰(ふかん)」をお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商売では、日頃から「どうしたら集客できるのか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「どうやったら売れるのか?」を考えていないといけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを本気で考え始めたらキリがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考えた結果、どうしていいのかわからない!

 

 

 

 

 ?.jpg 

 

 

 

そんなこともしばしば・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打つ手が見えない,わからない・・・

(実は無限にあるんですけどね^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

業績を上げるためのアイデアが出ない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時には、以下のように考えてみるのも一つの方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは,あなたの会社と同業でライバル会社を経営していると仮想します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして自分の会社をあなたのライバル側から観てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの会社がライバルだとしたら・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、どんな手を打ってあなたの会社に対抗しますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、どの様にして、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの会社より魅力的な商品やサービスを提供していきますか?

 

 

 

 

 スターウォーズ.jpg 

 

 

 

 

どの様にしてあなたの会社の顧客をこちらに振り向かせますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、自分の会社をライバルと見立て,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのライバルより優れた商品やサービスを!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外から見るようにしてアイデアを出していくと,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろいろなアイデアが出てくるんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

 313518_179490535471536_100002317723121_417389_1459154255_n.jpg

 

 

 

 

 

現実のライバル会社を相手に考えるのであれは,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれはダメ,これも無理と,なかなかいいアイデアは出てこないもの・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の会社をライバルとして仮想すれば,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強み弱みも自分で解っていますから,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対応するアイデアもたくさん出てくるし,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

より実践的なアイデアが生まれます。

 

 

 

 

 

 その通り.jpg 

 

 

 

自分の会社を客観的に見る(俯瞰することが必要だとよく言われますが,

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解りやすく考えればこのようなことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを効果的に行うメソッドが「SWOT分析と呼ばれる手法です。

 

 https://ja.wikipedia.org/wiki/SWOT%E5%88%86%E6%9E%90



 

 

 

                                  今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp

上記の内容は、2018/01/15当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

思考整理       No.1788 NEW!!

最終更新日: 2018/01/13



おはようございます。


 

 

 

 

 

私達は、不安の原因が判らず手探りの状態で右往左往することがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真っ暗闇の中で何か物音がしようものなら、

 

 

 

 

 

 

 

 

怖くて不安になるでしょう?

 

 

 

 

 

 

医者に行っても痛みの原因が解らず、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なかなか直らなければ、何か悪い病気なんじゃないかな・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安な気持ちでいっぱいになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと一緒です。

 

 

 

 

 

 

 

明りを付けて物音の原因が判れば、

 

 

 

 

 

 

 

「な~んだ!これかぁ!」てな具合で、いくらでも対処することが出来ますし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みの原因が特定できれば、治療する為の薬を処方してもらえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

私達の心の中もまったく同じなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな時こそ、「マインドマップ」や「マンダラ思考が威力を発揮します。

 

 

 

マインドマップ1.jpg

 

                         マインドマップ

 

 マンダラチャート.gif

                         マンダラ思考

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんは、日頃どのようにしてノートを使っていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、アイデアを出そうと思ったとき本を読んだことをアウトプットするとき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノートに箇条書きに書いたりしているでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が日頃使っている方法について紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その方法とは、「マンダラ思考という方法です。

 

 

 

 

 マンダラ.jpg 

 

 

 

 

このマンダラ思考は、アイデアだけではなく、問題解決するとき、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本を読んだ時に頭の中を整理する作業、セミナー学んだこと、

 

 

 

 

 

 

 

 

人生計画、会議をやるときのメモなど様々なところで活用し、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までのノート術より圧倒的に効果が高いことを肌で感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に、私がこのマンダラ思考の素晴らしさを感じるのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僅か9マスに書き込んでいくところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

凄く簡単です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1枚の紙に等間隔で縦2本、横2本の線を引けば9つのマスが出来るはずです。

 

 

 

 

 マンダラのマス.jpg

 

 

 

 

 

私は、自身の1日の仕事をマネジメントするツールとして毎日使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

大切なのは時間を掛けないこと 。

 

 

 

 

 

 

 

私はひとつのテーマで3分以内と決めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてさらに思考を深めるときには64個のマスを使い、思考します。

 

 

 マンダラ64.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、真ん中にテーマを書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 例えば、「年収3,000万にする方法」をみつけたいのであれば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真ん中に「年収3,000万にする方法」と書き、残りの8マスに思いついたこと、

 

 

 

 

 

 

 

アイデアなどを書いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 このマンダラ思考のメリットは、 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通のノートにアイデアや企画案を箇条書きで書こうとすると

 

 

 

 

 

 

 

数多くのアイデアはなかなか出てきません。

 

 

 

 

 

 

 

ところが、マンダラ思考は、思考に行き詰ったときが、

 

 

 

 

 

 

マンダラ思考の本領発揮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、5つのマスにアイデアは書けたけどアイデアに行き詰まりそうになったときでも、

 

 

 

 

 

 

 

残りの3マスが空いているので、

 

 

 

 

 

 

 

そこに脳が何かをうめようとして頑張ります

 

 

 

 

 

 

 

アイデアが強制的に出てしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身それで何度も思いもつかなかったようなアイデアが出てきた!

 

 

 

 

 

 

 

なんてことは、今までたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、マンダラ思考が活用できる場所は幅広くアイデアや企画だけでなく、

 

 

 

 

 

 

 

 

人生計画、経営計画、マーケティング計画、自分の想いなど思考を表層的な部分で

 

 

 

 

 

 

 

 考えるのではなく、思考が深められることです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 あのカリスマ教師と言われる原田隆史先生も結果が出る人と出ない人の大きな違いは

 

 

 

 

 原田隆史.png

 

結果が出ない人は考えが浅いといい思考を深くするためには、

 

 

 

 

 

 

 

マンダラ思考がいいと話をしているほどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中心テーマの周り8つのマス。

 

 

 

 

 

 

 

いわゆる、テーマに対する課題を敢えて8つに絞るんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに私は、この後にマインドマップで、思考を深く展開させて整理しています。

 

 









                  今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp

上記の内容は、2018/01/13当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。

改めて平成30年     No.1787

最終更新日: 2018/01/12






おはようございます。


 

 

 

 

 

 

 

正月2日から8日までの7日間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例の初売お客様感謝祭を開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1,000名以上のご来場を頂き大盛況でした。

 

 

 

 

 20180102_100712.jpg 

 

 

 

 

9日から昨日まで振替のお休みを戴き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日から平成30年改めてのスタートです。

 

 





 

 



昨年より一層

 

 

 

 

 

 

 



・幸せで健やかな毎日を送るための「心の健康」と「元気

 

 

 

 

 

 

 


・一日をワクワク「」と「情熱  

 

 


  

 

 

 

 


・ほんのちょっとしたことにも感動できる「豊かな感性  

 

 

 

 

 

 

 

 



・喜びを2倍に、悲しみを半分に分かち合える「優しさ

 

 

 

 

 

 

 

 



・幸運を引き寄せられる「感じる心

 

 

 

 

 

 

 

 



・悩みや課題を乗り越える「勇気」と「知恵 

 

 

 

 

 

 

 

 



・すべてにありがとうと思える「感謝の心」が  

 

 

 

 

 

 

 

 

 


より一層お伝え出来るブログセミナーにして参ります。

 

 

 

 

 あおぞら.jpg 

 

 

 

 

改めて平成30年が皆様にとって幸多き年になりますよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心からお祈り申し上げます。

 















                                      今日も最後までお読み戴きありがとうございました。


コメントを戴けると励みになります。 

mailto:mamoru.pfs23@honda-auto.ne.jp



上記の内容は、2018/01/12当時のものです。現在とは異なっている場合がございますので、ご注意ください。